新・手あみ教則本が投げ売りのようになっていました

先週のヴォーグ講座のときのことです。
ヴォーグショップを覗いていたら、レジの前に「新・手あみ教則本」が積まれていました。
どうやら残りを裁断してしまうらしく、セール価格になっていました
(在庫調整なのか、絶版になるのか改訂になるのかはわかりません)。


14
左は定価3984円、右は定価5033円。
高いです。

それが1冊1500円で、2冊まとめて買うと2000円でした。
受けている講座の先生の勧めもあって、私のクラスの生徒さんも何名か購入していました。




デザインはとても古いです。
講座のアシスタントの先生はこの本で勉強したらしいです。
48
でもこういった内容や、

30
計算方法、

21
採寸などの知識が詰まっていて勉強になる本でした。
1冊1000円なら買いです。
本自体がすごく大きくて見やすいのもよいと思います(だから高いんですけど……)。




 
いつまで置いているのかわかりませんが、ヴォーグショップに行ける人はチェックしてみてください。
本コーナーのすみっこには、ヴォーグの復刻本コーナーも作られていました。
ガンジーセーターの本欲しかった……。
復刻と言うこともあって高くて買えませんでした。3000円以上しました。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

三冊目、「エストニアの手編みこもの」

三冊目、これでまとめ買い最後です。
03
「エストニアの手編みこもの」
前の二冊はラトビアでしたが、三冊目はエストニアに移動しました。
この本が一番新しいです。

バルト三国を習っていたころはこんなに興味を持つことになるとは思っていませんでした。



41
なんてかわいい民族衣装!

12
編み物名人の手。
憧れます。

12
教会に着ていく、男たちの一張羅。
ガンジーセーターも、漁のために一枚、教会に着ていくために一枚って何かの本に書いてあった気がします。
三國さんの本だったかな……?



この本は、前半にエストニアの歴史、後半に編み図という構成になっています。



53
編まずに、編み目との間にはさみこむ技法。
初めて知りました。
刺繍するのではなく、はさみながら編むところが興味深いです。

36
この手の本には珍しく、かぎ針編みの作品もありました。



これで三冊はおしまいです。
誠文堂新光社さんは面白い編み物の本をたくさん出しています。
(他の手芸本や、趣味本も面白いです!)


  
あとはこの辺りも欲しいのですが、また今度。






にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

二冊目、「ラトビアの手編みの靴下」

昨日の記事に続き二冊目。
26
「ラトビアの手編み靴下」です。




01
表紙からもわかるように、とにかく色鮮やか。
民族衣装も鮮やかなので、靴下もその一環なのだろうと思いました。


36
このボーダーっぽい編み込みがかわいい。
色も好きです。


59
犬の毛の編み物は、羊よりも暖かいのだそうです。
紡いだらどんな糸になるんだろう?


17
履き口の折り返しの編み方や、ピコットの編み方の紹介が興味深いです。

ラトビアのしっかりとした糸で編み込みにすると、ゴム編みをしなくてもずり落ちてこないのだそうです。
そのため様々なふち編みが楽しめるのだとか。
面白い!




こちらの本も読みごたえたっぷりで、編み図もたくさん載っていて楽しめました。





にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

ヴォーグショップで「毛糸だま 2014冬号」を買ってきました

今回の「毛糸だま」はいい! という噂を耳にしていましたが、やっと買うことができました。
ヴォーグショップでは、発売後2週間以内の新刊が割安で買えるのです。
それでけちくさくも講座の日を待っていたのでした。

1620円が1377円。
ほんのちょっとだけどお得です。


57
表紙。
アルネ&カルロスの名前や活動は知っていますが、まだ作品を編んだことはありません。
クリスマスボール編みたいな。



気に入った作品たち。
10
話題のこのプルオーバー。
絶対編みたい!
でも縦糸渡しの編み込みがあるんですよね……。
ヴォーグの授業で習う予定があるので、編むとしたらそのあとかな。


30
その隣のページのも好き。


35
あとこれ!
サイチカさんのとってもかわいいカーディガン!
指定糸で編みたいです。

このあたり、スタイリングが安久津さんという方なんですが、若々しくてかわいい雰囲気で好きです。
合わせている服も原宿シカゴとかで買った古着だったり、安いブランドの物だったり。


06
これを正方形にして、椅子にのっけたいです。
ギャッベを乗せたアーコールの木の椅子に座っていつも編んでいるんですが、もうちょっとクッション性の高いものが欲しかったので。

本によく載っている円座や角座は好みじゃありませんでしたが、これはありだと思いました。
色を組み合わせるのも楽しそう。


32
すべり目特集のページ、すごく役に立ちました。
ヴォーグでお世話になっている先生の作品も載っていました^^


34
このポンチョも好きです。
ポンチョってなかなか使う機会がないですが……。


45
同じパターンを元にユニフォームを編む企画ページも面白かったです。


24
そして次号予告。
靴下編みへの興味は尽きないので、間違いなく買います。
楽しみだな。





ヴォーグショップではちかぢか、模様編み集などの高価書籍や雑誌のバックナンバーを安く売るみたいです。
クリスマスセールかな?
また散財の予感がします。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

三國万里子さんの「アラン、ロンドン、フェアアイル 編みもの修学旅行」を買いました

パピー下北沢店のイベントで「アラン、ロンドン、フェアアイル 編みもの修学旅行」を買ってきました。
店頭には10冊も並んでなかったです。
イベント用にちょっと用意した感じでしょうか。
過去の三國さんの本は見本分だけがありました。



46
「アラン・ドロン フェアアイル」に空目するタイトル。



まずは気になった作品。
26
総編み込みのプルオーバー。
素敵です。やぼったくなく、かわいい感じ。

39
編みたいのはこのクリケットセーター。
DROPSのアルパカで編もうと計画中。
ネイビー、濃いピンク、オフホワイトの3色で考えてます。



他に気になるもの。
29
アランに伝わる「エブリデーショール」というショール。
かわいい、編み図欲しい。
かぎ針編みだそうなので、編み方が想像付きません。

04
縦糸渡しではなく、アルメニアンニッティングという技法で編まれたニット。
3目ごとに糸をくるんで編むそうです……気が遠くなります。

29
ジェイミソンズのラベルは手作業なんですね。
三國さんも好きだと言うこの「ミモザ」色、私も持ってます^^
ミトンに使う予定です。

51
「みんなの編み方」のページ。
アメリカ式が圧倒的なのが意外でした。
Marikoさんもいますね。



感銘を受けたのがここ。
17
「シェットランドは花が咲き乱れるような場所ではなく、顔を地面に近付けることで色がわかる」とニッターが語るところ。
左ページのフェアアイルの色がそれを象徴しているように思いました。
地面と枯れた草の色。そして僅かな花。

三國さんにお会いした時に聞いた配色の話にもつながる感じ。
(昨日の記事に書きました)





編み図が欲しい人には物足りないのかもしれませんが、私はとっても気に入りました。
58
サインも入ってるしね^^




私もいつか行ってみたいところばかりでした。
羊と仲良くなりたい。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村
profile

name:さやか


my ravelry page→



my twitter account→
@knitsnest




愛用品



付け替え輪針が手放せません



全色欲しい糸



編みかけ入れ、その1



編みかけ入れ、その2



簡易プロジェクトバッグ



本見る→youtube検索、が便利



欲しいもの



編み物道具管理に



プロジェクトバッグにしたい



いつか五本針も使いたい

楽天市場





アクセスカウンター
  • 今日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ